マンションの注意点

分譲マンションの共有部分

分譲マンションの共有部分に注意

賃貸物件はどんなに家賃を支払っても自分の所有にはなりませんが、分譲物件は購入するわけですから不動産を所有できるのが特徴です。一戸建てでは特に気にする必要はありませんが、マンションを購入する場合には共有部分に注意が必要です。特に中古物件でリフォームやリノベーションを考えている場合は、所有範囲を明確にしておくことが大切です。一戸建て物件はすべてが自分のものですから、好きなように手を加えることが可能です。一方で分譲マンションでは専有部分と共用部分が明確にされていますので、共有部分は自由にできない特徴があります。

分譲マンション購入時の確認点

分譲マンションを購入する際には、その物件の立地条件や専有スペースの設備及び広さ、間取りなどをチェックする方が大半だと思いますが、もう1点チェックしておくべきことがあります。それは、共有スペースの状態です。マンションを購入する際の対象は、もちろん専有スペースであることに間違いはありませんが、共有スペースも日常的に通行するので、生活空間の一部です。この整備が行き届いていないと、豊かな生活を送ることはできません。また、ごみ収集のスペースもきちんとチェックしておくべきです。管理状況が悪いと衛生的によくありません。

↑PAGE TOP