分譲マンションを知る

分譲マンションを選ぶ理由

分譲マンションのメリット

住宅の購入では一戸建てと分譲マンションで悩みますが、それぞれのメリットを知ることが大切です。メリットに関しては一戸建てと比較するのは意味がないとも言えますが、管理組合の存在が大きな違いとなります。購入すると管理組合に入らなければいけませんが、管理組合があることで近所との関係をある程度作ることが可能です。一戸建てでは全て所有者の資金と計画によって修繕しますが、マンションの場合には管理組合が計画的に修繕工事を行いますので、住民は修繕積立金を支払うことで済みます。最新の物件ではセキュリティがしっかりしているなど、一戸建てにはない良さもあります。

分譲マンションのメリット

分譲マンションのメリットは何なのでしょうか?まず、近所付き合いが簡単にできる点です。入居した際、住居者の代表は必ず管理組合に入らなければなりません。なので必然的に同じ建物に住む人と顔を合わせることとなります。顔なじみの関係となっておけば、もしもの際に非常に頼りになります。次に、修繕や改修工事が計画的に行われているといった点です。分譲マンションでは管理費や修繕費といった名目で毎月組合で決められた金額を支払う必要があります。繕費の積み立てがあるためよって修理や工事の際別に修繕費を払う必要はあまりありません。また、セキュリティ面の充実も大きな利点です。たいていはエントランスに管理人がおり、入口ドアはオートロック、共用部には防犯カメラがありいつでも警備保障を呼べる体制が整っています。

↑PAGE TOP